複数存在しているiPhoneの種類

価格の安い種類

近年は不景気な上に正社員になるのが難しく、増税や物価高で生活が苦しいという人が激増しています。そのため、最新のiPhoneを購入したくても、予算がどうしても足りないという人もいるでしょう。そんなときにはできる限り安いiPhoneを購入するようになります。基本的には古い機種の方が安い傾向にあるのですが、必ずしもそうとは限りません。

例を挙げてみると、2016年時点で最も新しいiPhone 7と、1世代前の機種であり、少し大きいのが特徴のiPhone 6s Plusは同じぐらいの値段になっています。この場合、新しい機種の方が機能も充実しているので、やはり新しい方を選ぶ人が多いでしょう。ただし、画面が大きな方がよいと思っている人は、iPhone 6s Plusの方を選ぶこともあります。中には古い機種の方が、バッテリーの持続時間が長いこともあります。

基本的に大きなタイプの方が、よりバッテリーの持続時間も長くなっているので、iPhone 6s Plusがおすすめできる種類です。値段は店によって多少異なっている場合もありますが、ドコモやauなどの携帯ショップで購入した場合には、どこでも同じ料金になっています。少しでも安く購入したいのであれば、インターネットでいろいろと情報収集をしておきましょう。ただし、安物買いの銭失いになっては意味がありません。